冨永カズエの長めのつぶやき

ふんわりした舞台役者が書いています。

IMG_20170101_101541
早いもので2017年です。

昨年もありがとうございました!

沢山の人に出会い、自らのハードルを上げた、そんな1年でした。
おかげ様で色々な経験ができました。

舞台ではピタパタ「冥途」 、ご覧頂き感謝しています。
役者でもプライベートでも、人から人に紹介されたり助けられたりと、出会いが有難かったです。

日常では、父の癌手術と成功、初めて自分のPCを頂いて、使い始めたこと。
その他ここで書かない色々なことが、底力になっています。

ざっとですが、己の意思を通すことだけでなく、人生で守るもの捨てるもの、今さらながら考えました。
言い換えれば自分の人生に責任を持つこと。
環境も自分も日々勝手に変化していくから、差し迫る実感として。

年の変わり目は、西の実家で過ごしました。(日帰り)
東京に戻って倒れ・・・。

つらつら考えるに、昨年の目標は確か・・・ クリアに伝える でした。
なんて単純な目標でしょうか。

自分なりの進歩がありましたが、それでもまだまだ思慮深い。笑
状況×相手によって、瞬時に色々な選択肢が20個ぐらいフラッシュで飛んでくるんですよ、脳内に。多すぎる。
頼んでもいないのに・・・。

ついでに一瞬で、必要な1個を選び取れれば、そこでクリアな言葉になるのかな。

だぶん、平和な環境で、大事に育ってきたということでしょうか。
考えられるということは、待ってもらえたり、引き出してもらえたってことだから。
アレッポのBanaちゃんのツイート見て、そう感じたりしました。

今あるものを役に生かし、できること増やしてお仕事への取組みに生かそうと思います。

ときおり思考を単純化するため、ものごとを英語で考えたりしています・・・
言葉っておもしろいですね。

で、今年の目標は「楽しさの追求」
Take it easy は・・・いつもですが 笑
Catch the moment!という感じで、ざっくりと状況を俯瞰し
タイミングみて好きなものに向かっていこうと思います。

第2外国語だったフランス語も、長年サボっているけどそろそろ再開したいです。

で、今年の舞台は4月。いろいろと挑戦です。

また先方の公式サイトにページができましたら、ゆっくりご案内します。
いつも手探りではありますが、なるべく確実な仕事をしたいです。

世の中、大変な時代ですが・・・お元気で、幸せな一年をお過ごしください。

ことしもよろしくお願いいたします。

IMG_20170102_045509

IMG_20161127_194047

来年の作品に向け、準備の日々です。

役は概ねあるのですが、まだ様々な部分が未定。

今日はボイスレッスンを受け、ジャズシューズ新調しました。

汗、ダーッ。
すごーい、私はこんな声だったのか〜!
とか
こんな簡単なこと、できないっけ!?
とか


帰宅後やること沢山あります。
ビクビクしつつ、イケイケ・・・

IMG_20161113_190612

ジャズシューズすり減ってから新調まで、
水で濡らし、針で引っかいて10年。

・・・・まるで家電のような、買替えスパンである。


素晴らしい機会を頂いたことと周りの方の助けに感謝します。

がんばろう!!

IMG_20161121_002104





舞台『冥途』のダイジェスト動画が、Youtubeで公開中です。

先月、女将役で参加いたしました。

再生時間:1分26秒

お気軽にご覧下さい〜🌠

https://youtu.be/GVHrbFIYAfw

(携帯投稿だけど、リンク貼れてるかしら…)

3
雑記〜女将(役)のこと

『冥途』の女将は、店の常連客と恋人でもう長いつきあいなのですが、彼に他にもオンナが居ることを、露とも知りません。笑

この常連客は主人公の同級生で…ある日、主人公が女将の店にやって来る。
第1場の幕開けです。

女将は小料理屋を経営する貫禄と、真逆のウブさがギャップなのですが…さらに。

物語のど真ん中で、女将みずからシュールに主人公の内面の現実と幻想を混ぜ返す…

そんなアップダウン激しく、思い込みの強いお騒がせオンナでもありました。


感情の振り幅が広くパワフル。
明確に見えてくるまで、難産でもありましたが
それだけ構成的にみて、強い効果を出す役割でした。

ラストでは、ライバルと3人そろってウットリの画ヅラ…
はてどちらが夢かウツツなのか…?
お客様の感覚で決めて下さればと。

原作では芸者や女給など、様々な役に分かれていましたが
フタを開けたら、新しく女将役として書かれておりました。
これは自分の役だ、と思いました。

大正らしい自由恋愛と、今に通じるオンナの良さダメさと…
設定に、男のロマンを感じさせたりもいたします。

生々しく自由な人なので、役者として楽しい役でした。
多分、女性としても。

忘れぬうちに、メモとして書き残す次第…。
そして、しばしのお別れです。IMG_20160924_2328281475534252854
1475534338935

5
【9/30(金)〜10/2(火)pitter-patter vol.6『冥途』
せんがわ劇場 作・演出:今井一隆

お陰様で沢山の方にご来場頂き、終演いたしました。】

・お客様✨
調布までお運び頂き、2年ぶりの舞台
見守ってくださり本当に有難うございました!

皆さまから…面白い、難しい、構成が見事だ、わからない、数回観たい、一部の役と衣装の格が合わない、笑って良いかわからず困った、役者の熱演が良い、『ツィゴイネルワイゼン』を思わせる、構成が良い、雰囲気が良い。
役には…似合う役、貫禄ある、転機では?、爆笑した、身体を労れ、所作が馴れていて良い… など、ご感想を賜りました。

・関係者のみなさま⤴
女将を可愛がって頂き心から感謝します。

演出の今井さんは、求めるものをイメージでバンと伝えた後、根気強く待ってくれました。
稽古進行や演出のアイデアが小粋な方。
お世話になりました。

キャストは、お互いが伴走者でありファミリー…。
初対面ながら、イヤかなり深まりました。
それぞれの戦歴が見えるような、むき身の出会いに感謝します。

・親身なアドバイスをくれた 仲間にも⤴
お陰様で良い出会い、良い経験となりました。
感謝!


……今は女将から抜けまして、
人を愛する幸せと、常にハードルを越える勇気を胸に
日常に向かいます。

せいぜい遺作にならぬよう、己を磨かなくちゃぁ。
これからも、よろしくお願いします。14589574_1140482699354326_3504620399804298675_o14560025_1140483062687623_7606387667586027155_o1475534459167IMG_20160930_232222IMG_20161004_060846IMG_20161001_124815

このページのトップヘ