冨永カズエの長めのつぶやき

ふんわりした舞台役者が書いています。

4
すっかり秋も深まって参りました・・・・

去る9月某日、コンサートのピアノ伴奏をして参りました。

歌は飯島明子さん。
昨年私が出演させて頂いた舞台「有明をわたる翼」のプロデューサーであり
脚本家の一人です。

何より、私がピアノを弾くことを覚えてて下さることが嬉しく、当日含めて
よい経験となりました。
ささやかな日々の喜びを糧に、自分を磨いていきたいと思っています。

IMG_617165069581
当日開けてみたら、こちらのプロフィールが書かれていて驚きました。


1408361662690

ピアノの練習場所もぶじ確保。楽譜も。。
元曲と元伴奏は耳で知っていたのですが、うち2曲は楽器が4種足りません。笑
そもそも歌手の性別も異なる、別物でしたものね。

事前に伴奏アレンジ候補浮かべて、脳内に画鋲でぶっさし、しばらくのち歌声を聞かせて頂き。
結局決めた音は、シンプルイズザベストとなりました。

IMG_20140629_233316
元楽譜チラリ。芳賀さん、野崎さんの愛がこぼれそうな楽曲。
シューベルトにもダンケシェーン。


マイ衣装プラン・・・。笑
当日、歌手とバランスみつつ引き算など。
DCIM0219

IMG_20140519_072925

ミュージカル『夢見町』、お陰様でなんとか終演致することができました。

お忙しい中、お時間を作ってお運び頂いたお客様、どうも有難うございました。
2日間の公演は、初日と楽日のマチネはパンパンの満員御礼でした。
千秋楽も、温かい熱気で見守って頂きました。

私が任された役は「なつ」お婆ちゃん。主人公の小梅お婆ちゃんと共に
この小さな町で暮らしてきた、戦争(第二次世界大戦)未亡人の一人です。



老婆役は、映画「ヒトリナグサ」についで2度目の経験でしたが、求められるものには
大きく違いがあったため、全く初めてのものとして、面白がって参加しました。

台本にあるセリフでも、自分の声や心がこなせなければ削られます。

一番激しい場面で、誰かが言うことになっていた、あるセリフ。
稽古中にたまたま私が担当し、あ〜、いつだれかに代わるかもしれない、手放したく
ないなあ〜と、半ば覚悟して発していたら、そのまま自分のセリフとして本番を迎え
密かにホッとしたりもしました。

もう一つの役は、看護師。
20年ほど前のお話なので、まだまだ介護の現場が整っていない時代の
冷たい印象の職業人。
劇中でも最も悲しい場面で、お目にかかりました。
周りのベテラン俳優さん方と、目で重い会話をしたかな?
ような気がしますが、どうでしょう?(笑)

看護師は2〜3才頃の憧れの職業でしたし、身内に介護の仕事をしていた者もおり
物語からも私自身の人生を考えさせられ、初めから特にひかれる場面・役でした。

稽古終盤で実際にやることになってみると、私情では少し痛く、そして俳優としては
面白く。
だから、この場面に出る瞬間は、身体が透明になるような、へんな感覚でした。

今回は、企画ベースの集まりではなく、座・東京みかん というアットホームで
歴史ある劇団に客演をさせて頂いていました。

迷うことの多い私、初めての場で初めはガチガチでしたが、劇団員の方と
分け隔てなく叱り鍛え、ひとりの人としても大切なことを沢山教えて貰いました。
どっぷりなぶん、ハードではありますが、大人になればそうそう無い機会でした。

劇団員で主演の丸山ひでみさん、透き通った少女のような魅力の方で、
人間的には度量が広く暖かく、とても素晴らしい女優さんでした。
稽古中、困った時迷った時、私は子どものように甘えっぱなしでした。
私にはなにひとつ、お返しができていません。

いつかこんな人になりたい・・・とは思ったんだけど、それは100年後か来世か、
気が遠くなりそうなので、心の奥にできる限り鮮やかな記憶を残したいと
思います。

このあとの予定は、秋、以前の舞台でお世話になった方を、ピアニストとして
少しお手伝いいたします。
俳優としては、半年ぶりにじっくり、のんびり、自主稽古に励みたいです。
厚い樽で、しっかり熟成できますように〜。


「夢見町」、コヤ入り致しました。


明日、明後日の3回公演です。

幅広い年齢層の方に共感していただける舞台となりました。

ぜひ、遊びにいらしてね(^^)!

→チケットは、直接コメント、または twitter @kazuentalまで是非
ご連絡下さい。

当日券も、5月18日17時の回に限り、お出しできる予定です〜。

冨永カズエ

5
初夏に舞台出演が決まりました。

演劇集団 座・東京みかん
「夢見町〜心の花を咲かすまで」
2014年5月17日・18日
劇場は、座・高円寺2にて。

心温まるお話で、歌も盛りだくさんな舞台です。
ぜひ、ご家族でお越しくださいませ!

稽古は・・・もう間もなく顔合わせです。
また近況ご紹介致します♪


チラシはコチラ(座・東京みかんBlog)からご覧ください! m(__)m
http://mikan333.tamaliver.jp/e379281.html

5
年末のザムザ阿佐ヶ谷、ご来場ありがとうございました。
お陰様で、ご好評のうちに終演いたしました。m(__)m


そして春4月!
こちらの舞台に出演致します。

是非、ぜひ。
お運び下さいませ〜。

【ユニオン】旗揚げ公演
『かと万〜モグラ町3-5』

2014年4/19(土)・20(日)
劇場:中野スタジオあくとれ

タイムテーブル
※開場は開演30分前です。
4月19日(土)19:30
4月20日(日)15:00/19:30

前売/当日 ¥2,000(全席自由、日時指定)

チケットご予約 http://ticket.corich.jp/apply/52477/009
☆2月1日受付開始☆)
ユニオンご連絡先 unioncontactus@gmail.com
公式HP 

キャスト /
藍原直樹
吉川元祥
坂田秋葉
櫻井拓也
櫻井みず穂
佐々木美綺
鈴木照子
関本昇平
冨永カズエ
野井杷絵
ひら凌一
三好康司
━━━━━
有川マコト
大高洋子
瀧川英次

作・演出 / 前川麻子
原作 / 関本昇平『厄日』

音響 / 渡辺禎史
照明 / 神保正則
演出助手 / 小形知巳
協力 / 森田ガンツ、瓜生和成、本井博之、tsumazuki no ishi、木村和広、
内山拓磨、花村雅子、成田生、イシトヤチグサ、三浦寿一
制作 / アンファンテリブル・ユニオン

◎中野スタジオあくとれ
中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1
03-3384-3495
アクセス
(←劇場HPにリンクしています)









このページのトップヘ