ブログお引越準備中です。
新しいブログはこちら↓ご贔屓にお願い致します。

https://ameblo.jp/kazuetomi/


…去る12/9・10に舞台『雨と夢のあとに』を終えました。

早川霧子 という重要な役を貰って、喜び6割プレッシャー4割で臨みましたが…
なんとか終わって良かった〜!

未知の世界を演じ楽日まで来れたのは
まず共演者、スタッフ、演出家のおかげ。

でも、仕上がって観て下さるお客様なくては
舞台は成り立ちません!!

笑って下さり、お褒めや励まし下さり本当に
嬉しかったです。

稽古では、共演の皆それぞれ多忙な中を縫うような抜き稽古!
五感のうちでも音を一番頼りにしている私には
代役稽古は様々な声にソワソワ、辛かった〜…

演じる役は、一部の人(幽霊)を見たり聴いたりできない設定だったので、そこもやり甲斐がありました。

そんな中でも、短い間に集中し皆で1つの物に向かっていく楽しさがあり、通しの頃にはとても密な現場になりました。

沢山の先輩、仲間のお蔭です。

傘を使った描写でちょっとしたムーブメントがあり、通し稽古までは、皆と一緒に傘を持って歩いたり回したり。

霧子役としての最大の山場のあと、気持ちを切り替えて、観覧車のシーン(お芝居のクライマックス)。

皆で美しい傘をさし、叙情的な効果と息を合わす心地よさを、全身で感じていました…が。

通し稽古(本番前日)で人数のバランスが変更され、まさかのポジション変更〜。笑

そのため、夫である岳男(演じるのは、あご勇さん) と一緒にピンでの芝居に変わりました。

ちょっと慌てましたが、お陰様で印象的なヒトコマを演じることができました。

役者としての夢があって、
優しいお母さんを演じたい。
それも、掛け持ちでなく1つの役でラストシーンまで。

そう、思ってきた夢が1つ叶いました。

自分では、まだまだやるべき事が山積み。
一歩ずつ精進します。

有難うございました!